ビットコインはマイニングというシステムで流通量が増えています

仮想通貨の多くは、政府や中央銀行のような発行主体が存在しません。発行主体がないので、市場での需要と供給によって、価値が定められています。仮想通貨の中でも有名な、ビットコインにも発行主体はいません。マイニングというシステムで新たなビットが発行されるようになっており、ビットコインの発行高の上限は、あらかじめ定められています。
マイニング
ビットコインの取引が行われると、過去の取引履歴を参照し、その送受信が適切な取引かどうか確認する計算が行われます。これは、取引のごとに行われています。過去の取引履歴を参照するためには、膨大な計算能力を持ったコンピューターが必要です。この計算に参加を希望する人は、自身のコンピューターのスペックを提供することで、履歴の参照の計算に貢献することができます。そして、計算が終了し、新たな取引が成立すると、計算に参加した人には報酬というかたちで、ビットコインが支払われます。このシステムは、マイニングと呼ばれています。

ただ、マイニングに参加するためには、膨大な計算能力を持ったコンピューターが必要です。マイニング専門の機器も発売されていますが、マイニングの競争が激しくなっており、利益をほとんど得ることができない状態が続いています。ビットコインのマイニングには、コンピューターの計算能力だけではなく、膨大な電力も消費されています。今から参入しても、大きな電気代を負担する必要があるので、赤字になってしまう可能性もあります。

ビットコインを発行する主体はおらず、マイニングに参加した有志達が掘り当てる、というかたちをとっています。ビットコイン自体は大きな値上がりを続けていますが、マイニングは過当競争の状態が維持されています。専門の機械も発売されていますが、ビットコインを報酬として受け取る額よりも、電気代の方が高くなる可能性もあります。今から参加を視野に入れている場合には、注意が必要です。

ページ上部へ戻る