ビットコインの税金を支払うタイミングについて

 ビットコインは世界共通の通貨としての性質があります。日本ではまだ使用できる実店舗などは限られていますが、今後は増加するものと予想されます。一方世界では日常的な取引における決済や送金を目的として広く利用されています。円やドルなどの法定通貨は為替変動の影響を受けますが、仮想通貨は影響を受けません。また特定の金融機関を通さずに直接的な決済や送金が可能なため手数料を安くすることができます。世界中でビットコインなどの需要量が増加している理由は、決済や送金を行う上で非常に便利な性質を有している点にあります。またビットコインなどの仮想通貨は政治や経済の影響を受けないという性質があるため、政情が不安定な国や地域でもリスク回避を目的として購入されています。
需要量が増加する一方で供給量は限定的です。新規通貨の発行を受けるためにはマイニングと呼ばれる特殊な作業が必要になります。マイニングとはビットコインのシステムの維持管理業務にボランティアで参加し、報酬として新規通貨の発行を受ける行為です。参加するには高度な知識と優れたコンピュータ、ある程度の資金力が必要なので誰でも気軽に参加できるわけではありません。また発行総量にも予め上限が設定されており、新規通貨の発行にも限度があります。需要量が増加している一方で供給量が限定的なため市場は需要超過の状態にあり、取引価格の上昇が続いています。
ビットコインは世界共通の通貨としての性質がありますが、税法上はあくまで支払手段として扱われます。商品券などと同様の扱いを受けるため購入するタイミングでは消費税など税金が課税されることはありません。また取引における決済用として受け取ることも考えられます。しかしビットコインは支払手段という位置づけなので、決済用として受け取ったタイミングでは所得税や住民税などの税金が課税されることはありません。実際に税金の課税対象となるのは現金などに交換したタイミングです。そのため決済用として受け取っても現金などに交換しなければ税金は課税されず、節税効果を期待することもできます。

ページ上部へ戻る