ビットコインの相場の推移とその動きの特徴

ビットコインは世界で最初に成功した仮想通貨であり、現在流通している仮想通貨の価値の半分以上を有しているものです。ビットコインは2009年にスタートしたもので、当初は1BTCあたり0.4米ドルが価値の相場でした。
相場
ビットコインのコンセプトとしては、暗号化されたキーに現実通貨の価値を付与するというものです。暗号キーはチェーンブロックと呼ばれる取引台帳に記録され、その情報が記録されていくことにより不正な取引が行えないようにするというものです。また中央のサーバーで一括管理するのではなく複数のサーバーに保管されたブロックチェーンによって検証されるので不正にコピーされるといったことが行えない仕組みとなっています。このため暗号通貨とも仮想通貨とも呼ばれますが、その価値はビットコインの売買によって決定されます。もともとは送金や決済の手段として考えられていましたが、2011年に入ると徐々にその存在が注目されるようになり価値が上昇しています。

相場の推移が極端に変化するようになったのが2013年で、一時1100米ドルまで急上昇しています。その後下落して2015年には250米ドルまで下がります。しかし2016年に入ると上昇するようになり2017年には再び1100米ドルに達しています。そもそもビットコインは現実通貨と異なり価値の裏付けがないもので流入する金額によって相場が大きく動くのが特徴です。2013年以降の急上昇は中国での需要が大きく影響しているとされ、2014年の急下落は中国政府が規制を開始したことが大きく影響しているとされます。

ビットコインの相場推移は、完全な自由競争によって行われているのも一般的な通貨と異なるところです。例えば現実通貨では極端な相場変動では中央銀行が介入して変動幅を抑えようとしますが、ビットコインにはそのような歯止めがありません。このため上がると時は延々の上がり続け、下がる時は延々と下がり続けるといった特徴があります。

ページ上部へ戻る