ビットコインの取引所のメリットを比較する

ビットコインを扱うためにはウォレットと呼ばれる口座を開設する必要があります。ウォレットの開設は誰でも無料で行うことができ、基本的に個人情報が求められることはありません。具体的なウォレットの開設方法には3種類が存在します。自分のパソコンにソフトウェアをインストールする場合には、完全版か簡易版を利用する方法があります。また自分のパソコンではなくインターネット上でウォレットを開設することもできます。ビットコインの新規発行を受けるためにはマイニングと呼ばれる特殊な作業が必要です。マイニングとはシステムの管理維持業務にボランティアで参加することで、報酬として新規通貨の発行を受ける行為を意味します。管理維持業務に参加して新規通貨の発行を受けるためには、完全版のソフトウェアをインストールする必要があります。過去の世界中で行われた膨大な量の取引情報をダウンロードすることになるので、容量の大きなハードディスクが必要です。マイニングを行わないのであれば簡易版のソフトウェアをインストールすることもできます。パソコンへの負担が少なくて済むのがインターネット上でウォレットを作成する方法です。


インターネット上にはビットコインの取引所が存在します。取引所を利用するためには各取引所でウォレットを開設する必要があります。日本で代表的なビットコインの取引所としてはコインチェックとビットフライヤーを挙げることができます。両取引所を比較するとそれぞれに異なるメリットがあります。コインチェックは日本ブロックチェーン協会に加盟しており、資産のほぼ全てがコールドウォレットです。ウォレットに関する様々な操作を行うためには秘密鍵が必要ですが、コールドウォレットでは紙面上に秘密鍵が印刷されるなどの方法でインターネットから切り離されます。そのため非常に優れたセキュリティ体制を有します。ビットフライヤーはビットコインの保管中のトラブルについて大手の損害保険会社と契約しており、安心して取引ができるという特徴があります。事業者向けのサイバー保険の開発の他に盗難や消失、事故対応の経費補償なども行っています。

ページ上部へ戻る