ビットコインの仕組みについて

ビットコインの仕組みですが、インターネット上の仮想空間に作られた電子データの集まりです。現実の硬貨や紙幣のように形を持たず、また国の保証もないこのような電子データについて、曲りなりにも通貨として使うことができるためには、いくつかの条件が必要になります。
一つは、誰かが勝手に、しかも無制限にいくらでも通貨を増やすことができないようにすることが必要です。これは現実の通貨において、誰かが勝手に通貨を偽造したりすることが厳しく取り締まられているのと同じです。
仕組み
また、通貨として使うためには、ある人が持っている通貨については、とくにそれを使ったり、あるいは他の人からもらったりしない限り、そのままであり続ける必要があります。いま100円硬貨を持っていれば、1年後にもそれは100円硬貨であり続けているはずです。硬貨という形あるものであればこれは当然のこととして受け止められていますが、電子データという目に見えないものであってもそれが確実に期待できる仕組みが構築されている必要があります。何かの拍子にデータが消えてしまったりするようなことがあっては、誰も通貨として使いたがりません。

それだけではありません、ある人から別の人への受け渡しが適切に行われる必要があります。100円の商品を購入するときには、私たちは自分の持っている100円硬貨をその人に渡します。これも、硬貨という形あるものであればこの受け渡しは幼稚園児でも理解できる方法で行われているわけですが、電子データであってもこれが確実に行えなければなりません。自分はAという人に100コイン渡したつもりが、Aさんの持っているコインは実は80コインしか増えていなかったというのでは困りますし、Aさんの持っているコインではなく別のBさんの持っているコインが100コイン増えても困ります。
ビットコインでは、これら通貨として持っているべき条件を確実に満たすことができるような仕組みでプログラミングされているということができます。だからこそ、諸説ありはするものの現実に通貨として使われているのです。

ページ上部へ戻る