ビットコイン投資の始め方は株式や為替と変わらない

 ビットコインは本来、マイニングと呼ばれる仮想通貨の認証作業を行うことによる報酬として入手するシステムを軸として誕生しました。しかし、近年はビットコインの価値が上がったことと発行上限が近づいてきたことでマイニングが難しくなり、専用のハードウェアを用いなければ効率よくマイニングを行うことができなくなっています。そのため個人でマイニングを行うことは現実的ではなく、ビットコインを入手する手段として市場から購入する方法が一般化しました。
市場から購入するということは売却することも可能であり、株式や為替と同じように投資としてビットコインを保有することが可能になったのです。市場では需要と供給によって価値が変化し、安いときに買って高いときに売るという投資の基本が通用する資本市場が形成されているのです。
ビットコイン投資の始め方は株式投資やFXを始める手順と大きく変わらず、仮想通貨の取引所に口座を開設し、入金を行えば購入が可能になります。口座を開設するためには、必要事項を入力してアカウントを作りますが、そのほかに本人確認証の提出が必要になります。免許証などの写真を撮影し、データをアップロードすることができるので自宅に居ながらにして口座を開設することができるのです。そして、銀行振り込みやクレジットカード、クイック入金システムを使って日本円を入金します。最も手軽なのはクイック入金で、手数料無料で即座に取引口座に反映されます。
そして、ビットコインを購入します。取引所のウェブサイトやアプリを利用して買い注文を出せば、その時点での市場価格でビットコインを購入できるのです。当然のことながら入金額が市場価格を下回っていると購入できません。売却時の手順も同様で、売り注文を出せばその時点での市場価格で約定します。
現在、ビットコインの価格は乱高下が激しく、瞬く間に価値が変動しています。そのため投資を行うときには慎重さを持つことが求められます。

ページ上部へ戻る