ビットコインの口座を開設するには

銀行口座を開設する場合には審査が必要になります。そのため必ずしも口座を作成できるわけではありません。しかしビットコインには特定のシステム管理者が存在しないため、必ず口座を開設できます。ビットコインの口座は一般的にウォレットと呼ばれます。システムはインターネット上で公開されているプログラムを自分のパソコンにインストールすれば利用可能です。ウォレットの作成に氏名や個人情報を提供する必要はありません。しかしインターネット上には企業が運営している販売サイトが存在します。さらに販売サイトには販売所と交換所があります。販売所では決められた価格でビットコインを購入できます。交換所では売り手と買い手の交渉により取引価格が決定されます。販売サイトを利用する場合にはメールアドレスなど必要最小限の個人情報の登録が求められます。ウォレットはビットコインをしまう財布としての役割がありますが、匿名性が高いという特徴があります。氏名や住所、電話番号などを登録せずにウォレットを開設することができます。

口座開設

実際にウォレットを開設する方法には大きく3種類が存在します。マイニングを行う場合にはビットコインのソフトウェアの完全版を自分のパソコンにインストールする必要があります。マイニングとはシステムの管理維持業務にボランティアで参加して新規通貨の発行を受ける行為です。完全版のソフトウェアをインストールする場合にはシステムの運用が開始された2009年以上の取引データの全てをダウンロードする必要があります。世界中の取引データをダウンロードするので容量の大きなハードディスクが必要です。一方マイニングを行わない場合には簡易版のソフトウェアをインストールする方法もあります。さらにインターネット上でウォレットを作成する方法もあります。販売サイトでウォレットを開設する場合もインターネット上で開設するタイプに属します。ビットコインの販売サイトでウォレットを開設すれば送金・受取だけでなく現物取引や信用取引、証拠金取引などを行うことが可能となります。

ページ上部へ戻る