ビットコインの使い方は貨幣や紙幣とは違い、若干複雑です

仮想通貨には、数多くの種類があります。仮想通貨の多くは値上がりを続けており、最近ではメディアでも注目されています。その仮想通貨の中でも、ビットコインは広く普及しています。当初、ビットコインが買われる理由は、キャピタルゲインを得るための、投資目的が主でした。しかし、最近では、店舗やオンラインストアでの買い物にも使用できるようになってきており、紙幣や貨幣に代わるものとして保有する人も増えています。ただ、ビットコインは貨幣や紙幣のように使用することができす、独自の使い方があります。
使い方
ビットコインを使用して、商品やサービスを購入する方法はいくつかあります。一番簡単な方法は換金し、円やドルに変えたうえで買い物をするものです。この方法は非常に簡単であり、どこの店舗でも通用する通貨で買い物をするので、拒否される心配はありません。しかし、換金の際には手数料がかかり、手続きをしてから数十分程度待つ必要がある時もあります。

別のビットコインの使い方として、デビットカードで買い物をする方法があります。この方法では、あらたにデビットカードを発行し、アカウントを登録します。商品やサービスを購入すると、自動的にビットとのレートが計算され、自分が保有しているビットコインから支払いが行われます。非常に便利な方法で、店舗側からしてみても、カード利用手数料が安いので、経営の負担にもなりません。しかし、デビットカードで支払いができない店舗では、当然使用することはできません。

ビットコインで支払いができる店舗は増え続けており、仮想通貨が買い物に使用できるようになってきました。独自の使い方がありますが、いったん覚えてしまうと、あとは機械的な作業で十分になります。また、ビットコインは非常に値動きが激しいので、今後も大きなキャピタルゲインをもたらす可能性があります。資産運用の手段として保有しておくことも、効果的な使い方です。

ページ上部へ戻る