ビットコインでの利益には税金がかからない?

ビットコインで得た利益には税金はかからない?のでしょうか。これは結論から言うと間違っています。確かにビットコインは通常の通貨ではありませんが、通貨と同じような価値と持つものとして扱われ、そこから得られた利益に対しては税金がかかります。もしこれを無視していると脱税ということになり、追徴課税など多額の負担をしなければならなくなる可能性もあります。税務署も暇ではなく、もちろん見逃されるケースもあるでしょうが、決まりとしては納税義務を負うということになります。
税金
では実際問題としてどのような場合に納税義務を負うのかというと、これはビットコインで得た利益というのは雑所得として扱われます。そして、得た利益が年間で20万円を越える場合に限って納税義務が生じます。20万円以下の場合には納税義務はありません。ただし、他の雑所得とは合算になりますから注意して下さい。
そして、得た利益とは、主として外国通貨の為替差益に相当するものになることが多いでしょう。例えば日本円やその他の外貨との取引で得た利益はもちろんのこと、他の仮想通貨との間の取引で得た利益も対象になりますから注意して下さい。また、ビットコインの場合には取引だけで利益が得られるものではなく、マイニングと言う手法により利益を生み出すこともできます。これも立派な利益であり、所得となりますから忘れないようにしなければなりません。
このように、ビットコインであっても一般的なお金、通貨と同じように課税対象となります。税金の世界というか法律の世界では、知らなかった、納税義務があるとは思っていなかったという言い訳は一切通用しません。たとえ知らなかったとしても、国税庁から指摘されれば全く同じように納税しなければならなくなり、もし悪質と判断されれば重加算税などの処分を受けることもあるのです。納税は国民の義務です。このような取引をする人は始める前にその知識を持っておくべきです。

ページ上部へ戻る